ルイボスティーの副作用

副作用はあるの?

「健康茶」代表のルイボスティーには副作用があるのでしょうか。。。

 

調べたところ、大量に飲まない限り副作用はないようです。

 

というのは、腸内環境を整えてくれるルイボスティーですが、人によってはお腹がゆるくなってしまう方もいるようです。
また、ルイボスティーが体にいいからと飲みすぎると、胃に必要以上に水分がたまり胃に負担をかけて体を冷やす原因になってしまうということです。

 

適度に飲んで、体に負担をかけない水分補給にしましょう。

 

また、ルイボスティーにはタンニンが含まれているから、飲みすぎに注意した方がいい。。。
という意見もあります。

 

タンニとは舌に渋みを感じさせ、抗酸化作用がると言われています。
そして便を柔らかくする作用や鉄を吸収してしまう作用もあるそうです。

 

 

しかし、ルイボスティーに含まれているタンニンは緑茶、烏龍茶、紅茶などに比べるとわずかしか入っていません。
ですから、大量に。。。異常に飲まない限りタンニンの影響は少ないと考えられています。

 

タンニンの量が少ないから、ルイボスティーの味も渋みがなくまろやかで飲みやすいみたいですね☆

 

そして、体に入るものだから、安心・安全なルイボスティーがいいですよね。
農薬が使われていない、品質管理が徹底されている、南アフリカから日本に輸入されるまで安全に管理されているもの。。。など。

 

副作用がないと言われているルイボスティーでも、農薬など使ったものであれば、体に害を及ぼしかねません。。。

 

子供から大人まで家族で飲めるルイボスティーだからこそ、品質のいいものを選びたいですね☆