ルイボスティー

不妊治療の方法

不妊の治療方法はいくつもあり、不妊の原因によってその内容は変わってきます。

 

・一般的にいう「タイミング法」
・人の手を介して男性の精液を女性の子宮内に注入する「人工授精」
・排卵誘発剤を用いる「排卵刺激」
・体の外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す「体外受精」
・体外受精と似た、ガラス管などを使って受精させる「顕微授精」

 

などが代表的な不妊治療方法です。

不妊治療 「タイミング法」

タイミング法とは、おりものやの状態や卵胞の大きさ、血中値などから、妊娠しやすい最適な時期を把握し、性行為を持つタイミングを医師が指導します。

 

自己流で基礎体温表や市販の排卵チェックを使って、妊娠しやすい時期を判断する方もいますが、病院で行うタイミング法は医学的な不妊治療のひとつです。

 

タイミング法は男性に不妊症がないことが絶対条件です。また、女性の卵管に異常がないこと、排卵がほぼ順調なことなどが条件になります。
自然妊娠を目指す治療ですが、卵子が未熟だと妊娠の可能性が低くなります。そのため成熟卵子が排卵するように手助けをすることがあります。

 

具体的には患者の個人差に合わせて、クロミフェン療法またはhCG療法による排卵誘発を行います。

不妊治療 「人工授精」

人工授精は、夫の精子を子宮の中へ確実に送り込む治療法です。
この治療は、タイミング法(通常の性行為)では妊娠しにくいケースや、主に男性側に軽い不妊がある場合などに行われます。

 

精子の数が少ない、精子の運動性が低いと、通常の性交では子宮の中に到達する精子の数が少なく、自然妊娠の可能性が低くなります。そのため、確実に子宮に精子を送り届ける治療が必要となるのです。

 

また、性交障害や射精障害がある場合も当てはまります。女性に頸管粘液不全がある場合も人工授精の対象になります。頸管粘液不全とは子宮頸管から分泌される粘液の量が少ない、あるいは粘液の性状が悪いと子宮の中に入る精子の数が少なくなります。

 

排卵モニタリングにより、排卵時期に的確なタイミングで人工授精をおこないます。元気な精子だけをピックアップして受精率を高め、確実な妊娠を促します。

不妊治療 「卵巣刺激」

卵巣刺激法は排卵誘発剤を使って、妊娠率を高める重要な治療法として知られています。
排卵障害の治療法としてはもちろん、健康体の場合でも妊娠率を高めるために、排卵誘発剤を使用する場合があります。

 

卵巣刺激法とは、排卵誘発剤を使って排卵を整えるのが主な目的です。
受精能の高い成熟卵子を作ることと、排卵時期を一定にする効果があります。自然な排卵周期では、卵子が未成熟なまま排卵することがあり、タイミング法や人工授精の失敗につながる心配があります。

 

排卵時期を一定にすることで、排卵時期を正しく予測できるメリットがあります。そのうえで、タイミング法や人工授精を実践すれば妊娠率の上昇につながります。

不妊治療 「体外受精」

体外受精はいわゆる「生殖補助医療」の分野に入ります。体の外での受精で、患者にとっては負担の大きいつらい治療と言われています。

 

体内での受精ではどうしても妊娠できないご夫婦に用いられます。また、原因不明の不妊の場合も対象となる治療法です。

 

体外受精とは体の外に受精の機会を作ります。具体的には卵管の代わりのシャーレ(培養皿)に卵子と精子を置き、自然受精を期待するというものです。

 

更に具体的にいうなら、卵巣刺激法で成熟した卵子を採取、男性からは精子洗浄濃縮法およびスイムアップ法で採取した元気な精子を回収、シャーレに卵子を置き、周囲に一定数の精子を置いて自然受精を待ちます。

 

受精できたら、体内環境に似た培養器で受精卵を培養して、子宮へ移植します。

不妊治療 「顕微授精」

顕微授精も「生殖補助医療」です。体外受精と同じですが、受精方法が異なっています。

 

体外受精は受精そのものは自然受精を期待しますが、顕微授精では、顕微鏡下で卵子の中に直接、精子を注入します。体外受精より、より人工的に人の手を介した治療法といえます。

 

顕微授精は、体外受精でも受精しない場合、精子の運動性不良や奇形精子の割合が高い場合、受精障害を引き起こすと考えられる抗精子抗体が存在する場合などに用いられる方法です。