ルイボスティーの成分

ルイボスティーの主な成分

たんぱく質
鉄分
カリウム
ナトリウム
マグネシウム
カルシウム

亜鉛
マンガン
セレン
リン

 

ルイボスティーに含まれている主な成分は以上のようになります。

 

こうしてみると、ルイボスティーにはミネラルがたくさん含まれているのがわかります。
ルイボスティーに含まれているミネラルは鉄分・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・銅・亜鉛・マンガン・セレン・リンになります。

 

ミネラルは、人間の成長に大きく関わる成分で、
ミネラルバランスが悪くなると、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病になったり、
骨がもろくなったり、貧血や食欲不振、不眠、イライラなど体調だけでなく
精神面も悪くなっていきます。

 

そして、ミネラルは私たち体の中で作り出せないものなので、食事などから適度に摂取しないといけません。

 

ですから、ミネラルが豊富なルイボスティーはまさに健康茶になりますね!!
そして、ルイボスティーを健康茶と呼ばせるスーパー成分があるんです。

 

それが、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)!!
この成分何者(@_@;)!?って初めて聞く方もいらっしゃるでしょう。。。

 

このSODはガンや生活習慣病、肌老化(シミ、シワ)を引き起こしてしまう活性酸素を
抑制する働きがあります。
また、SODは元々人間の体内にありますが、個人差があるのかもしれませんが、
約30歳前後からどんどんと減少していくようです。

 

年をとってもいつまでも健康でいたいと願うのなら
加齢と同時にSODを摂取する必要がある。。。
となりますね。

 

SODは、ミネラルがないと作られない成分です。
特に亜鉛・銅・マンガンが必要になるそうです。
ルイボスティーにはミネラルが含まれているから、このSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)が含まれているのです。

 

ルイボスティーに含まれているSODですが、ルイボスティーの品質がいいものほど多く含まれているそうです。

 

SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)が含まれている食品はルイボスティーだけでなく
お茶で言えば緑茶や烏龍茶などにも含まれていますが、SODを含む含有量はルイボスティーが多いそうです。

 

より健康を重視してルイボスティーを飲むのであれば、品質にこだわった物を選んだほうがいいですね。

 

そして、家族で飲める健康茶と言われている理由がもう1つあります。
それは、ノンカフェインだということ。

 

カフェインとは眠気を覚ます作用や利尿作用があります。
眠気を覚ましますから、気分的にもすっきり感がありますね。

 

しかし、小さい子供にはカフェインが強く作用する場合があり、
夜なかなか眠れない。。。なんてこともあります。

 

カフェインはコーヒーや紅茶、日本人がよく飲む緑茶、子供が好きなジュースにも入っています。
それぞれ、カフェインの濃度は違いますがカフェインの効果を知っておくと
飲むタイミングを考える事ができるますね。

 

また、カフェインは胃が弱っている方には刺激的。。。
カフェインは胃散の分泌をより促す作用があります。
ですから、空っぽの胃に、しかも胃が荒れている場合にカフェインを取りすぎてしまうと
胃酸の刺激で胃の粘膜が弱ってしまうこともあります。

 

その点、ルイボスティーはカフェインが入っていませんので、安心して夜寝る前など家族で飲める
お茶になりますね☆

 

 

☆ミネラル!!
☆SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)!!
☆ノンカフェイン!!

 

この3つがルイボスティーの特徴的な成分になります☆