不妊検査

不妊検査

女性の不妊検査で、問診、内診が終わると本格的な不妊検査をします。

 

<超音波検査>子宮の形態や子宮筋腫・卵巣嚢腫の有無などと、月経周期にあわせて、排卵の有無や卵子の発育状態のチェックをします。

 

<ホルモン検査>妊娠に関係する各種ホルモンの測定をします。この検査では排卵の有無や排卵障害の程度がわかります。

 

<子宮卵管造影検査>子宮内に造影剤を注入し、X線で子宮の形や大きさや卵管の状態を調べます。痛みを伴うこともありますが、卵管が詰まっている場合などは通りがよくなるという治療効果もある検査です。卵管造影に代わって、炭酸ガスによる通気テストが行われることもあります。

 

<腹腔鏡検査>この検査は誰もがするわけではありませんが、必要に応じて、ファイバースコープによる子宮や卵管の異常を検査します。

 

<頸管粘膜検査>排卵期に頸管粘膜を取り、粘液の状態や排卵の時期などを調べます。

 

<ヒューナーテスト>このテストは性交後の子宮頸管内における精子の状態をチェックします。この検査で、抗精子抗体の有無がわかる場合があります。

 

この他、子宮がん検診、貧血、風疹、B型肝炎、ドキソプラズマ、梅毒、クラミジア、さらに希望する人にはエイズの検査をします。

 

男性側の検査は、問診で性交の状況、過去の病歴、生活習慣などが聞かれます。次に、

 

<精液検査>マスターベーションによって精液を取り、精子の数、運動性、奇形の有無、精液の量などを調べます。

 

<精巣検査>精液検査の結果が悪い場合、触診などで精巣の状態を調べます。くわしい検査は泌尿器科で行われます。

 

<ヒューナーテスト>女性と同じ検査で、性交後の精子の状態をチェックして、抗精子抗体の有無の可能性を調べます。

 

その他、必要に応じて、染色体異常やホルモンの検査も行われます。精液を培養して性感染症などを調べることもあります。